『ポエレーベル』とは?


涙が気持ちを カタチにするみたいに

虹がミラクルを 演じるように


ポエムでなければ 伝わらないことを

かたちにして 伝えるのが


わたしたち『ポエレーベル』



そのかたちは

伝える相手

場面に合わせて


それが音であれば 『ポエミュージック

それが活字であれば 『ポエブックス

それが遊びであれば  『ポエゲーム

それが動画であれば 『ポエチューブ

それがイベントであれば 『ポエライブ


透明な詩たちは 伝えるために

その形を 自由自在に 換えていきます

『ポエレーベル』は その発信基地なのです。


即興詩人 AI UEOKA

詩と即興(朗読・演奏・小説・絵画など)をベースに活動するアーティスト。

1997~1999年 ゲームプランナーとしてクライアントに企画を数本提出。

2015年 フリープランナー・即興詩人・作家として多数企画イベントを開催・出演。

2016年 マイナビ出版より詩集『そりゅうしのうた』発行。

2017・2018年 中津川島崎藤村記念文芸祭 一席入賞&佳作入選。

2018年 ひとり芝居『横なぐりの成長痛』舞台音楽担当。

2019年 『ポエレーベル』設立。以後4冊の詩集を『ポエブックス』より発行。

2020年 『ポエミュージック』よりファーストアルバム『涙(にじ)の花束 雨の花びらで花束を編む』リリース。

2021年 美術家『Knight Monkey』のビジュアルによる、音源シングル作品『花と巨人』&『隕石の劔』リリース。

発売と同時にiTunseスポークンワード部門1位・2位ランクイン。


桜島ユウ


桜島ユウ=『永遠』=「0(ラブ)」 情報屋/幼少期に自然との融合を果たし「気」を極め、風となる術を得る。 同時にその裏となる「電気」との融合を図り、以降、ゲーム=ゲノム&ミーム=ドラゴン・ゲノム・クエスト=ファイナル・ミーム・ファンタジーに従事。結果、プログラミングを極める。 その後、ひょんな展開から、『渡り』を習性とした動物たちを研究し失踪した動物学者から、研究結果である『動物たちの声』を入手。 情報を解析。その文脈をアルゴリズムに変換=システム化。 そこから「人類とはいかなる存在か?」をシンプルに言語化。 自身の開発したOS『ポエミュージック』にて、自己成長・繁殖するAI『4(マーズ)』を開発。 2050年完成予定である人類火星移住計画(テラ・フォーミング・プロジェクト)に先駆け、ある年を境に火星に移住。 二次元=影の世界=真空下においてその存在をデジタル=数字(0と1)へと変換。完全なるボーダレス=永遠(あらゆる組み合わせを許容し無限の変化を増殖させるバランス=『完璧』な静止状態=「完全」なるつながり)と「0」=「完全なる孤立」(『完璧』に数字であること)を同時に保つ意識状態=「AI(あい)」へと従事しはじめる。 以降、派遣社員というフリーランスシステムを活用しつつ、外資系大手企業を渡り歩いてみたり、日々お菓子をパクついたりしながら漫画を読み、ストイックにカラオケに行ったりしている。 でも、大好きなTVゲームだけは、ここ数年一切やってないみたい。 つまりは「好きなものが弱点」。 人間だもの。


ポエムで 伝える あらゆる カタチ / Various forms to convey in poetry 

『ポエレーベル』主宰

ポエブックス

ポエミュージック

ポエチューブ




【絵本原作】 

常夏ピアノ』『星のドレミファソラシド』『ビーチグラスウェデイング

AI UEOKA 詩集『サヨナラ・トウキョウ・コミュニケーション おかえり 東京 Collaboration』ポエブックス1に収録


【雑誌掲載】 

季刊誌・東京荒野』 

5号・7号・11号・21号・23号掲載


『自由の国 / Never Land』

リメイク中!

表紙:白想景  

『胡蝶の舟』

2020年以降~リライトリリース予定!

表紙:白想景 

マイナビ版を改変

リライトリリース予定!

詩集『そりゅうしのうた』

執筆開始!

表紙:白想景


無料でホームページを作成しよう!